リピーテッド

日本での公開は2015年の5月23日です。 動画は92分でした。




S・J・ワトソンの小説『わたしが眠りにつく前に』が原作!
イギリスでは大ヒットしたベストセラーとして実写化される!

クリスティーンは朝目覚めると前日までの記憶を失う。

目覚めた時は20代前半の記憶であり、
現在の自分について何も知らない状態。


一日で記憶がリセット 【リピーテッド】レビュー



クリスティーンは40歳で夫ベンと一緒に暮らす女性。

だが、彼女は交通事故によって脳に障害を受けて、
記憶が20代前半で結婚している事も分からない。

毎朝起きるクリスティーンに夫ベンは、
彼女の現状について事情をするのです。


そこにドクター・ナッシュなる人物からの電話がかかる。

夫の話を信じていたクリスティーンは真実を追い始める。



クリスティーンをニコール・キッドマンが好演しています。

記憶を失っても真実を追っていく主人公として、
ニコール・キッドマンは実に上手く演じている。


徐々に分かっている20年分の人生に混乱していく主人公の心情。

その中で魅せるニコール・キッドマンの表情には引き込まれます。

何よりニコール・キッドマンは48歳なのに美しく、魅力的です。


夫ベンを演じているのはコリン・ファース。

最初は献身的な夫として登場するけど、
クリスティーのフラッシュバックする記憶、
ドクター・ナッシュの言葉などにより、
疑惑の人物に変わっていく様子も巧みです。


そんなドクター・ナッシュを演じるのはマーク・ストロング。

こちらは平坦な物語に一石を投じる役目。

短いながらもしっかりと印象に残ります。

彼は真実なのか虚言なのか物語のカギだ。


一日で記憶がリセットするという恐ろしい後遺症。

その中で真実を探るクリスティーンの戸惑う姿に、
ニコール・キッドマンの演技は特に光っています。


★★☆☆☆

コメントはこちらから

動画 あらすじ 予告編~リピーテッド~

ニコール演じる主人公クリスティーンは、毎朝目覚める度に前日までの記憶が失われ、1日しか記憶が持たないという特殊な記憶障害を負っていた。 献身的に尽くす夫(コリン・ファース)に支えられ暮らすクリスティーンの元に、ある日、医師を名乗る男“ドクター・ナッシュ"(マーク・ストロング)から1本の電話がかかってくる。 夫には内緒でその医師の診察を受けていると聞かされたクリスティーンが目にした、信じられない事実とは…。

2013 BEFORE I GO PRODUCTIONS, INC.