デッド・シティ2055

公開は2015年の5月23日。 動画は 96分。

今でもカルト的な人気を誇る『ブレードランナー』に続く、
レプリカントをテーマにした近未来SFアクションの登場!

富裕層を満足させる為に作られた治外法権の都市ヴァイス。

そこでは人造人間を相手にやりたい放題できるシステムで、
富裕層の人々はこぞって参加をして己の欲を満たしていく。


ダイ・ハード』シリーズで知られるブルース・ウィリス。

富裕層に提供するヴァイスの運営をする企業王ジュリアン。

あくまでビジネス的にヴァイスを経営する冷酷非道な人物。

本作では黒幕として演じているブルース・ウィリスに注目。

使っても使い切れない金を持つ人間 【デッド・シティ2055】レビュー


『パニッシャー』や『ミスト』などのトーマス・ジェーン。

現実世界の犯罪率が増加する原因にヴァイスを問題視して、
独自に捜査を展開しているロイ刑事として登場しています。

疲れ切った正義に溢れる刑事のトーマス・ジェーンに注目。


物語のカギを握っているヒロインにアンビル・チルダーズ。

ヴァイスにいるレプリカントの一体であるケリーを演じて、
唯一無二のヒロインとして不思議な魅力を放っていました。

紅一点のヒロインであるアンビル・チルダーズは魅力的だ。


使っても使い切れない金を持つ人間のエンターテイメント。

進んだ最先端クローン技術で擬似的な犯罪で欲求を満たす。

人工的に世界を維持する本作に投げかける疑問を提示する。

自分の意志が存在しないレプリカントが自我に目覚める事。

ケリーによって安定したヴァイスのシステムを崩壊させる。

静かに展開していく中で見えてくるレプリカントの扱い方。

近い将来ありえる現実を本作は体現してくれる内容でした。


Amazonレビューはこちら
楽天レビューはこちら

★★☆☆☆

コメントはこちらから

動画 あらすじ 予告編~デッド・シティ2055~

大富豪ジュリアン(B・ウィリス)が経営する未来のリゾートホテル。スタッフは全員最新型ヒューマノイドだ。金さえ払えばリゾート利用者たちはヒューマノイドでどんな欲望も満たすことができる。ヒューマノイドはリセットできるからだ。ある朝故障のため女性型ヒューマノイド・ケリー(A・チルダーズ)のプログラムがリセットされず前日のメモリが残ってしまった・・・

(C)2014 GEORGIA FILM FUND TWENTY-EIGHT, LLC



>>>アマゾンプライムビデオの予告編を見る