パイレーツ

公開は2015年の5月22日。 動画は129分。


個性的な悪役や脇役も見所 【パイレーツ】レビュー

14年の韓国映画興行ランキングで第2位の大ヒット作!
李氏朝鮮建国時に10年ほど国璽が使われていなかった史実。

その事実を元に独自なるアドベンチャー・アクションが展開!

1388年、宗主国である明から国号と国璽を与えられ、
派遣された役人が国王のイ・ソンゲに届けようとした時、
海から巨大なクジラが船を破壊し国璽に呑まれてしまう。


そのまま報告すれば間違えなく死罪となる役人は、
海賊の仕業と偽り、討伐軍を使ってクジラ捕獲を企みます。


役人の失態に巻き込まれるのは女海賊ヨウォル。

彼女は海賊仲間(兄弟)からは別名を“龍の娘”と呼ばれており、
それはクジラが龍の使いと言われ、彼女は幼少時にクジラと交流を持っていた。

物語の冒頭では副船長として登場するが、船長は兄弟を裏切った事から、
ヨウォルたちはクーデターを起こして追い出すのです。

新たな船長なったヨウォルを演じるのはソン・イェジンです。

韓国映画では珍しい強く部下を率いる女性ヨウォル。

物語のシリアスな部分を一手に引き受ける大役を見事に演じきっています。


一方、元官軍で兄弟を殺され山賊の頭となるチャン・サジョン。

自称する松岳山のイカれた虎として多くの部下を持ち、
いつかは大金を手に入れて遊んで暮らそうと考えていた。

そこへ偶然にも出会ったヨウォルたちからクジラの事を知り、
山から海へ大金を手に入れようと仲間たちと繰り出します。

ただ、そこでは彼が忘れようとした宿敵の存在を知り、
単なる山賊の頭ではなく、チャン・サジョンとして海へ出ます。

官軍から山賊となるチャン・サジョンを演じるのはキム・ナムギルです。

主人公の一人でありながらもコミカルなキャラクターとして楽しませてくれる。

勇気ある行動とは正反対で降伏は早く、タイミング悪く登場する。


更に個性的な悪役や脇役も見所の一つと言えるでしょう。

本作は侮れないエンターテインメント性に満ちあふれる作品となっています。


Amazonレビューはこちら

★★★☆☆

コメントはこちらから

動画 あらすじ 予告編~パイレーツ~

高麗で朝鮮建国を前に国家の印章が消失した事実をヒントに、印章をめぐり海賊、山賊、­開国派などがバトルを展開するアクションアドベンチャー。高麗の武家出身でありながら­山賊の頭になった主人公を『美人図』などのキム・ナムギルが、海賊団の女親分を『私の­頭の中の消しゴム』『四月の雪』などのソン・イェジンが演じる。海上で繰り広げられる­アクションや、クジラなどの迫力ある映像に圧倒される。

(C) 2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.